【iPhone×楽天モバイル】無料で副回線を追加して通信量ブースト!!【締め切り間近】

iPhoneに「通信し放題」「通話無料」の回線 を楽天モバイルでゲットできる最後のチャンス!!

メイン回線としてもデュアルSIMで副回線としても活用できます。

 

「1GB以下が無料」の新プラン発表が大きな反響を読んだ楽天モバイル

すでに契約数が250万回線を突破している中、楽天のオリジナル機種も現在は売り切れ続出。

爆発的な勢いを維持しています。

先着300万回線まで1年無料』のキャンペーンが2021年4月7日に受付終了することが発表されました。

 

本記事まとめ

  • 楽天モバイルのeSIMはiPhoneでも使える
  • 副回線で使えば回線の切り替えもかんたん
  • 楽天モバイルは「1年無料」「月の通信上限なし」最高かよ
  • 無料期間終了後も格安の新プラン(1GB以内は無料)
  • だれでも5000ポイントもらえる
  • iPhoneユーザー/購入予定の人はとり急ぎ契約して損なし!

楽天モバイル 公式サイトでみる

 

お手持ちのiPhone ✕ 楽天eSIM で最強スマホの完成

さて、実はお手持ちのiPhoneにも使える楽天モバイル。

iPhone XR(2018年発売)以降の機種であれば、楽天モバイルのeSIMを契約して、かんたんにiPhoneに副回線を追加できます。

対応機種まとめ

iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12
iPhone 12 Pro
iPhone SE (第2世代)
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro MAX
iPhone XS
iPhone XS MAX
iPhone XR
公式サイト参照

 

iPhoneに副回線を追加すると、2つの回線をかんたんに使い分けられるようになるんです。

切り替えイメージ

副回線を追加する最大のメリットは通信量が一気にブーストできること!

これでギガ不足の悩みからの解放されます。

家ではテザリングでたくさんギガるので楽天回線。

移動中は安定性を重視して主回線。

こういった使い分けもおすすめ。

使えるギガを最大限に活かしつつ、主回線の通信料を大幅にセーブできます。

 

楽天モバイルのデメリット

「ただし、楽天エリアに限る」ってやつですね。

いまのところ、唯一の弱点は楽天モバイルのエリアの弱さです。

現時点の人口カバー率は75%程度。

都市部では普通に使えますが、地域によってはまだ通信状況が安定していない可能性があります。

とはいえ、3大キャリアに追いつけと絶賛エリア拡大中。

21年夏ごろを目処に「人口カバー率96%」を目指しているとのこと。

 

ご契約の際は、最新の「楽天エリアマップ」でお住まいの地域を確認しておきましょう。

楽天公式ページ → メニュー「通信・エリア」から確認できます。

 

1年たっぷり「無料」「使い放題」キャンペーンが終了目前

1年無料キャンペーン「2021年4月7日」に終了します。

駆け込み需要によるアクセスの殺到など、キャンペーン終了間近は契約トラブルが懸念されますので、興味がある方はぜひお早めに。

楽天モバイル1年無料キャンペーン

  • 1年無料
  • 事務手数料、解約無料
  • 通信し放題(10GB/日)※楽天エリア外は5GB/月
  • 電話アプリ利用で通話無料
  • 無料期間終了後の新プランも格安(1GB以下は無料)

とにかく無料で、変なトラップが存在しないのがこのキャンペーン。

実費がかからず、いつ解約しても解約無料でリスクなし。

無料期間終了後は新プランに移行となりますが、新プランも「1ギガ以下は0円(※)」という破格のプランなので、使わなければ解約せずに放置でもよいでしょう。

(※ユニバーサル利用料3円はかかります)

キャンペーン中の契約が絶対お得なので、iPhoneの格安SIM運用などを検討されてる方はおはやめに。

\4/7キャンペーン受付終了、まだ間にあう/

 

さらに「だれでも5000ポイントもらえるキャンペーン」が同時開催中!

ポイントももらいつつ、お得にiPhoneと楽天モバイルを使い倒しましょう。

 

Copyright© WiFi動画Picks!! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.